なぜ七草粥を食べるの?


1月7日は松の内の最後の日、お正月のお酒やご馳走で胃腸も疲れている時期です。
消化のいいお粥を食べて胃腸を休めるとともに、青菜の不足しがちな冬場に栄養補給するという意味があるのです。
1年の無病息災を願っていただく七草粥は、効用的にも理にかなっています。

yjimage (19)

では、春の七草にはどのようなパワーがあるのでしょうか?

【セリ】 鉄分を多く含み、食欲を増進させる。
【ナズナ】 別称ぺんぺん草。解熱・利尿作用がある。
【ゴギョウ】 草餅の材料。風邪の予防や解熱作用も。
【ハコベラ】 ビタミンAを多く含み、腹痛の薬にも。
【ホトケノザ】 別称タビラコ。食物繊維を多く含む。
【スズナ】 蕪(カブ)のこと。ビタミン類を多く含む。
【スズシロ 】大根のこと。消化を助け、風邪の予防にも。

バリエーションも豊富な七草粥

地方によっては七草の種類や使う数などが異なり、全国各地でさまざまなバリエーションがあるようですが、
「今年も家族みんなが元気で過ごせますように」と願いつつ、生命力あふれる自然の恵みに感謝していただきたいものです。
そして、もっと徹底的に胃腸を休めて、体内をリセットするのが「ファスティング」です!
3~7日間、断食すると体内環境を整えて大掃除することができます。
hand--diet--women--exercise_3341654